基本的には赤ちゃんとママの健康に良い成分

妊娠初期には特に葉酸の必要量の摂取が大切です。

このことは、厚生労働省も妊娠を希望している女性に対して、赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクを低減させるために妊娠の1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月までの間、食事からの葉酸摂取以外に栄養補助食品から1日400μg(マイクログラム)の葉酸を摂取するようにすすめているということから分かります。

また、母子手帳にも葉酸の摂取について記載がされています。

葉酸400μgの摂取に必要な野菜は350gにもなるため食事から摂るのは困難ですし、食品に含まれる葉酸は体内での吸収効率が50%程度と低いことが知られています。そこで、食事以外にサプリメントで400μg(マイクログラム)の葉酸を補うことが推奨されているのです。

葉酸は水溶性ビタミンで、多少摂り過ぎても余分な分は自然に排出され、脂溶性ビタミンのビタミンAと異なり蓄積性は低いとされています。

葉酸は、基本的には赤ちゃんやママのカラダにとても良い成分にということがわかります。

少しくらいとりすぎても大丈夫!でも「注意」は必要

葉酸で気をつけたいのは、とり過ぎてしまうこと。

葉酸を過剰に摂取した場合の副作用としては、不眠症、食欲不振、吐き気、むくみ、皮膚にアレルギー性反応が出る、全身倦怠感などがあると言われてます。

葉酸の過剰摂取を続けると、こういった副作用が出る可能性が出てきます。

葉酸の副作用については、過剰摂取を続けた場合に出るものなので、1日に所要量を守って摂取していれば心配はないでしょう。

厚生労働省では、葉酸の1日の上限摂取量を1,000μg(1mg)としています。

合成葉酸を過剰摂取することで、赤ちゃんが喘息やアレルギーに悩まされる確率が上昇するという研究報告もあります。

ただ、1,000μg(1mg)の葉酸というのは推奨量の400μg(マイクログラム)の2倍以上という相当な量になります。

通常の食生活と用量を守った葉酸サプリメントの併用の場合なら、葉酸の1日の上限摂取量を超えることはほとんど不可能という量ですね。

もしそれでも気になるようでしたら、葉酸サプリメントの1日分の摂取量を少なめにするなどの工夫をするとよいでしょう。

葉酸サプリは少々多く飲んでも、即副作用が出るような危険なサプリメントではありません。

気になったら合成葉酸を避けることも

日本製の葉酸サプリメントは合成葉酸が多いと言われていますが、良質で安心の葉酸サプリメントもあります。

例えば、「美的ヌーボ」は100%天然素材を使用していますから、合成葉酸のデメリットを気にせずに葉酸を摂取することができます。

ほかには、「ベルタ葉酸サプリ」も国内生産で無添加、天然の葉酸を使用しています。

「ベルタ葉酸サプリ」では、過剰摂取に注意が必要なビタミンAなどの脂溶性ビタミン、妊娠中に過剰摂取してはいけないとされているビタミンB6の配合にも十分に配慮を行っており、アレルギーへの考慮も忘れていません。

副作用がどうしても気になる人は、安心して葉酸をとるために「美的ヌーボ」や「ベルタ葉酸サプリ」のように安全を考慮してつくられた葉酸サプリメントを選んで使用するようにするとよいと思います。

このページの先頭へ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意