出生前診断について気をつけたいこと

赤ちゃんが生まれる前に病気や異常がないかを調べることができます。

このことを出生前診断(しゅっせいぜんしんだん)と言い、色々な検査方法があります。

特に新型出生前診断は、妊娠の初期の短い期間に、特定の利用期間でしか受けることができないものもあります。

もし出生前診断などの検査を受けたいと思っているのであれば、妊娠初期の早めうちにかかりつけの産婦人科医などに相談してください。

出生前診断の種類

検査方法には、羊水や絨毛、赤ちゃんの血液を用いて染色体の遺伝子を調べる方法、母体血清マーカー検査、超音波検査などがあります。

この出生前診断の目的は、出産前に赤ちゃんの状態を検査することで出産前に赤ちゃんの治療などを行ったり、出産後の赤ちゃんの治療の準備をしたり、赤ちゃんのお父さんとお母さんに生まれてくる赤ちゃんが重度な病気や奇形を持っていないかの情報を提供することです。

出生前診断の検査のうち、よく用いられ母子ともに安全な検査方法としては体血清マーカー検査や超音波検査があります。

この検査では、お腹の中で赤ちゃんが順調に育っているか、臓器の異常がないかなどを知ることができますが、赤ちゃんの臓器の機能の異常までは見つけることができません。

妊娠16週前後にお母さんのお腹に針を刺して羊水を採って調べる羊水検査では、ダウン症候群や13トリソミー、18トリソミーなどの染色体異常の診断ができます。

また、絨毛検査では羊水検査と同様の診断の他に各種遺伝病の遺伝子の検査が行えます。

羊水検査と絨毛検査では、お母さんと赤ちゃんに低い確率ですが危険を伴うことがあります。 近年始まった新型出生前診断は、お母さんの血液の中に含まれている赤ちゃんのDNAを、最新の医療技術を用いて検出するもので赤ちゃんの3、18、21番染色体の数が正常であるか、増加する異常を持っているかどうかを調べることができます。

これにより、従来の採血による母体血清マーカー検査では調べることができなかったダウン症候群などの診断ができるのです。

しかし、この新型出生前診断は確実に診断できるわけではなく開発されて間もない検査方法です。

そのため、検査の結果が陽性と診断された場合は羊水検査や絨毛検査などで確定診断をする必要があります。この検査では、35歳以上の妊婦の方が対象となります。

医師、専門家、専門機関に相談を

それぞれの検査ではわかることとわからないこと、検査条件がありますから、出生前診断について遺伝学的専門知識のある医師などの遺伝カウンセリングを受けて検査を受けるかどうかをよく考える必要があります。

これらの出生前診断で赤ちゃんに重大な病気があることや出産後の生命維持が難しいことがわかった場合には、お母さんやご家族は出産するかどうかの辛い選択をしなければならないかもしれません。

妊娠初期は親としての自覚があまりない時期ですが、これから出産をお考えのお母さんは、赤ちゃんを授かること自体の幸せや生命の尊さをよく考えましょう。その上で、出生前診断について受けるかどうかを熟考するようにしましょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意