妊娠初期に葉酸をサプリでとるべき理由

葉酸妊娠初期にとることで胎児の神経管閉鎖障害の発症率をかなり低くすることができる栄養素として注目されていて、実際に欧米などでは食品にも添加が義務付けられたりすることで神経管閉鎖障害の発症率が大幅に低下しています。

残念ながら、それとは逆に日本では日常的に葉酸をとる機会が少なくなっている影響なのか、神経管閉鎖障害の発生率が上がっています

神経管閉鎖障害は生まれたときから大きな障害を持つことになったり、最悪の場合生きて行くことができない赤ちゃんもいます。

妊娠初期に葉酸をとることでそのリスクが大幅に下げられることが分かり、厚生労働省では妊娠の可能性がある女性に葉酸を「栄養補助食品からもとるように」という通知を出しました。

栄養補助食品というのはいわゆるサプリメントなどのことで、かんたんに言うと「食事以外にサプリなどで葉酸をとりましょう」ということになります。

葉酸が妊娠初期に良いということは母子手帳などにも書かれていて広く知られてきていますが、「なぜサプリなどの栄養補助食品でとらないといけないの?」と思う人もいるかと思います。

その理由は、胎児の神経管閉鎖障害の発症率の調査で妊婦さんが使っていたのが葉酸サプリなどの栄養補助食品で使われている葉酸だったからという理由です。

食べ物からとる葉酸も同じような効果があると考えられてはいますが、食べ物からとる葉酸の効果の調査というのは行われていないので、国からは「葉酸サプリ」でとることがすすめられていることになるようです。

もともと葉酸というのはビタミンの一種で、ビタミンは熱に弱い栄養素です。つまり、葉酸が入っている食物でも調理することで葉酸が失われたりするので、食品から葉酸をとるのが難しいとされています。

そのうえ、食物に入っている葉酸の量が少ないので妊婦に必要な量の葉酸をとるには大量に野菜や果物などを食べなくてはいけないことも葉酸をサプリメントなどでとることをすすめられている理由になっています。

さらに葉酸サプリに含まれている葉酸は食物からとるものとは質が違うのと、葉酸を必要な量だけ入れることができるので、とりやすく、カラダへ吸収される性質も食物からとる葉酸よりも高いと言われています。

こういったことが「妊娠初期の葉酸はサプリでとる」ということが積極的にすすめられている理由なんです。

どの葉酸サプリが妊娠初期に良いのか

母子手帳や厚生労働省ですすめているからといって「葉酸の入っているサプリを買ってきて飲もう」と適当に葉酸サプリを選ぶのはちょっと待ってください。

管理人自身もそうだったのですが、妊娠初期というのは赤ちゃんがお腹で育っているという意識を持つのが難しい時期です。

でも実はこの妊娠初期の時期は、赤ちゃんにとって基礎ができるすごく大事な時期になります。

葉酸サプリメントを適当に選んだからといってそれが理由で何か問題が起きてしまうということはあまりないと思いますが、何かあってから後悔しないために、せっかく当サイトに来て頂いた方には今日からお腹で赤ちゃんを育てているんだという意識を少しでも持って口にするものを選んでもらえれば嬉しいなと思います。

まだお腹の中にいる赤ちゃんを育てられるのはママだけです。葉酸は赤ちゃんの成長を助ける重要な成分になるので、積極的にとって頑張って成長している赤ちゃんをサポートしてあげましょう。

では数ある葉酸サプリでどれがいいのかというと、管理人が最も信頼があると思っているサプリメントは「ベルタ葉酸サプリ」です。
≫ベルタ葉酸サプリの管理人の解説や体験談はこちら

ベルタ葉酸サプリは、葉酸については1日の必要量が入っているのはもちろん、研究で効果があるとされている葉酸を「天然成分」から抽出して配合している数少ないサプリ。

また、葉酸以外の栄養素も妊婦と赤ちゃんの栄養についてもしっかりと考えられていて、妊娠中に必要になる鉄分やビタミンなどいろいろな栄養素がバランスよく入っています。

さらに、安全性についても副作用がある様な添加物はなし・無香料、放射能検査で無検出、GMPという国の基準に沿った工場で製造しているなど、かなり安全性にも配慮してつくられている葉酸サプリメントです。

製造している会社は酵素ドリンクでも有名な会社で、健康系の食品での実績も十分。分からないことや不安な事があれば妊娠・出産経験のあるスタッフが相談にのってくれるので、妊娠初期に不安な思いをすることが多いプレママにとって強い味方になってくれます。

いろいろなサイトや雑誌などで有名なサプリメントでもちょっと調べると、ビタミンが入り過ぎていたりするものがあるので、赤ちゃんのためにも葉酸サプリはベルタ葉酸サプリなど信頼できるものを選んで欲しいと思います。

≫ベルタ葉酸サプリの公式ページで詳細を見る≪

妊娠初期と葉酸

「葉酸」は厚生労働省が2002年度から使用されている母子健康手帳に任意記載事項として追加することを決定しています。妊娠して母子健康手帳を読んで初めて葉酸という栄養素を知った人もいるでしょう。

母子手帳に記載されるのは「神経管閉鎖障害の発症リスク低減のために」との項目に「二分脊椎などの神経管閉鎖障害の発生を減らすためには、葉酸の摂取が重要であることが知られています。葉酸は、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や、いちご、納豆など、身近な食品に多く含まれています」ということ。

任意とはいえ母子健康手帳への記載事項となるほどですから、妊娠初期のお母さんと赤ちゃんの健康にとても重要な栄養素だということがわかります。

さて「葉酸」とはどんな栄養素でしょうか。

水溶性のビタミンB群の一種です。ビタミンB群は8種の栄養グループで、ほかにはビタミンB1、ビタミンB2、ナイアラン、パントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、ビタミンB12があげられます。

どんな働きをするものなのかというと、赤血球、核酸の合成、細胞分裂、発育の促進、免疫抗体の産生にかかわっています。

とくに、核酸は細胞の核の中で遺伝情報を保存しています。からだは遺伝情報によってつくられていまから、どんなに大事なところかわかりますね。赤ちゃんの新しい細胞が盛んにつくられいく妊娠期や授乳期のお母さんにとって、葉酸は必要不可欠な栄養素になっているのです。

とくに妊娠初期の受精卵の細胞分裂を助ける葉酸の働きは重要とされています。葉酸は細胞の増殖、臓器の形成に不可欠の役割を果たしています。葉酸が不足すると、二分脊椎、貧血、胎盤早期剥離、流産などが起きる可能性があります。

母子健康手帳は、全国統一の必要記載事項と、任意記載事項がありますから、葉酸摂取に関する表記は任意記載事項になっています。全国の各市町村の判断で作成例を記載しています。さらに、厚生労働省は、妊娠の4週前から妊娠初期である妊娠3か月までの間、通常の食事から摂取する葉酸の量にプラスして1日0.4ミリグラムを摂取するようにすすめています。

1日の上限量は10ミリグラムと定めています。なぜ妊娠初期に葉酸がこれほど重要視されているのでしょうか。それは、妊娠前4週から妊娠3か月までに葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害の妊娠の率が下がるということがわかってきたからです。

受胎から2~4週くらいまでの妊娠初期は細胞分裂が最も盛んな時期といわれています。この時期に葉酸をとる量が少ないと、無脳症や神経管閉鎖障害のリスクが高くなるという研究データが基になっています。

神経管閉鎖障害というのは先天性の病気で、神経管は、脳や脊髄などの中枢神経系のもとになる細胞の集まりです。

妊娠初期には活発な細胞分裂があり、脳や脊髄、胎児のさまざまなな神経細胞が作られていきます。この神経管の下部に閉鎖障害が起きると、「二分脊椎」といい、脊髄の神経組織が脊椎の骨によって覆われないために、神経組織に障害が生じます。そのために歩けなくなったり、膀胱や直腸が機能しなくなったりするという障害がおこるのです。また、神経管の上部に閉鎖障害が起きると、脳が形成不全となり「無脳症」といい、流産や死産の確率が高くなります。

葉酸をとることで、すべての神経管閉鎖障害をふせぐことができるということではないのですが、神経管閉鎖障害を発症する危険性を低くできる方法のひとつとして、葉酸を妊娠初期にとることがすすめられているということになります。

神経管閉鎖障害のひとつである二分脊椎はカラダの中にあって皮膚や骨におおわれている脊髄が、背中に露出した形になるので、生後数日以内に背中の修復手術をする必要があります。

合併症としては水頭症、キアリ奇形、嚥下障害(えんげしょうがい)、歩行障害、脊椎側弯、脊椎後弯、褥瘡、膀胱尿管逆流、尿失禁、大便失禁などが起きてしまいます。

合併症が重いと一生の間、脳神経外科医、泌尿器科医、整形外科医での治療が必要になってしまいます。二分脊椎になる原因が完全に解明されている訳ではありませんが、葉酸不足も原因のひとつになるという研究結果があります。

葉酸について、欧米での研究を紹介しましょう。神経管障害をもって生まれてくる新生児を出産した妊婦を調べてみたら、葉酸の栄養状態が悪かったことがわかりました。

そこで妊婦や妊娠を希望している女性を対象に、葉酸入りのサプリメントや、ビタミン剤などで葉酸を1日に0.4ミリグラム(400マイクログラム)以上とらさせたところ、神経管障害をもった赤ちゃんがかなりの確率で少なくなるということがわかりました。

厚生労働省は、妊婦は食事から0.48ミリグラム(480マイクログラム)の葉酸を摂ることをすすめています(日本人の食事摂取基準2010年版)。この量を食事から摂取している妊婦は「全体の13%」、というアンケート結果があります。妊娠初期の重いつわりにかかったら、さらに充分な食事は摂れないでしょう。不足分は葉酸入りサプリメントでおぎなうことをすすめます。

「葉酸と母子の健康を考える会」という社団法人も設立されるほど注目されていて、「葉酸の日」というものも設定されています。

学術研究者などが発起人となって設立された「葉酸と母子の健康を考える会」では、葉酸に関する知識の向上や葉酸の摂取を促すために「葉酸の日」という設定したのです。

4月3日です。4(よう)3(さん)の語呂合わせをしています。妊娠中はもちろんですが、日ごろから積極的に葉酸を摂取することを呼びかけるそうです。葉酸は貧血予防や細胞の生成を助ける働きもあります。これからますます注目されることになるでしょう。

このページの先頭へ

  • サイトマップ
  • お問い合わせ・ご利用上の注意